転勤者が利用するリロケーション見積もりサイト

リロケーションサービスを利用する方の大半が利用する、リロケーションサービス会社。今では、リロケーションサービスも人気があり、それをビジネスにしている会社が数多くあります。利用する側としては、初めての方も多いかと思いますが、どこの会社が良くてどこの会社が悪いのかという基準が分からず、不安に思っている方も多いはずです。そんなときは、一つ一つリロケーションサービス会社に問い合わせをするのではなく、インターネットを利用して、複数のリロケーションサービス会社に一斉に見積もりを依頼できるサイトを利用して下さい。

見積もりサイトを利用することで、時間の節約になることはもちろんのこと、同じ条件でリロケーションサービス会社に支払う手数料にも大きく差が出てくる場合もあります。この見積もりサイトを利用しないことでもしかしたら多くのお金を無駄にしてしまう可能性もあります。

リロケーションサービス会社に支払う手数料は一般的に10%前後ですので、この10%という数字は基準として覚えておいて下さい。ただし。見積もりを依頼した際にこの手数料が安いという理由だけで、会社を決めるのは絶対NGです。安いだけで選んでしまうと、管理能力や契約状況に問題が多い会社もありますので、金額以外の部分も考慮して決めて下さい。会社を選ぶ際の一つの基準として、いかにレスポンスが早いかというところは重要なポイントです。レスポンスが早いということは、それだけお客様を待たせないということになりますので、レスポンスを後回しにしている会社はあまり信用ができません。リロケーションサービス会社を利用する際は、ぜひこのレスポンスも含めて会社をお選び下さい。

転勤者が利用するリロケーション2

リロケーションサービスを利用する転勤者にとって、リロケーションサービスのメリットやデメリットは事前に知っておきたいところ。リロケーションサービスでは、貸主側が契約期間を定めることができるというのは一番のメリットではありますが、本当に定められた期間で借主が現れるのか。というところはとても不安だと思います。

契約期間は定められますが、借主側も生活の大部分を過ごす家となりますので、あまりにも短すぎる契約期間では、借りてくれる人も見つからないでしょう。今ではマンスリーマンションなどもありますので、リロケーションサービスを利用するのであれば、最低でも半年以上の契約期間を設けることが一般的です。

また、契約期間だけではなく、家賃金額も通常の賃貸契約と異なりますので予め頭に入れておきましょう。リロケーションサービスでは、賃貸契約を貸主側が定められるメリットがあるものの、借主側とすれば契約期間が決まっている物件は若干デメリットになります。従って、同じような物件でも普通の賃貸契約である家賃金額ではなかなか借主が見つかりません。契約期間を定めるということは通常の家賃金額では少し難しいので、その家賃金額よりも2割程度安くして借主を探して下さい。家賃金額を下げることで、契約期間が定められている物件に対して、借主はその部分をデメリットとは感じず、逆にお得な物件と感じるはずですので、この家賃金額は必ず通常よりも安く設定して下さい。

転勤者が利用するリロケーション1

近年、転勤者で利用する人が多くなったリロケーションサービスという空き家活用法。このリロケーションサービスは2000年の定期借家契約の法改正により、貸主側が借主側に期間を限定した賃貸契約を結ぶことができるサービスです。なぜ転勤者に多いのかと言うと、賃貸ではなく、既に持ち家を購入してしまったあとに致し方なく転勤が決まってしまい、その空き家の期間中に限定して、持ち家を賃貸として貸し出すことができるからです。

今までの賃貸契約では、貸主側に特段の理由がない限り、借主側が更新契約を続ける意思があれば貸主側から退去を求められませんでしたので、転勤者は一時的に持ち家を貸し出すことができませんでした。しかし、このリロケーションサービスでは契約期間を定められますので、近年、転勤者にとって人気の賃貸サービスと言えるのです。

このリロケーションサービスを利用する人は持ち家から離れて暮らすことになりますので、借主を探すことから契約、管理まで行うことは一般的にできません。従って、リロケーションサービスを利用する方は、通常、不動産屋などの管理会社に委託することとなるでしょう。もちろん、自ら借主との契約などができる方は自分自身で管理することも可能ですが、自分自身で管理する方はごくわずかです。もし、持ち家を持っていて、転勤することになってしまったら、このリロケーションサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

転勤が決まった際のリロケーションとは?

全国規模の企業に勤めているサラリーマンに切っても切り離すことができないことと言えば、転勤です。転勤に決まった場合、やらなくてはいけないことは山ほどありますが、その一つとして引っ越しが挙げられます。引っ越しをする際に今住んでいる住居が賃貸であれば、その住居から引っ越しをすれば良いだけのことですが、それば持家の場合、みなさんならどうされますか?ご家族がいる場合、ご家族が住むという選択肢もありますが、少なからず自分自身は引っ越しをしなくてはなりませんので、家賃やローンの支出が増えることになります。

もちろんその費用が支払えるのであればそれでも良いかもしれませんが、数年間、留守になってしまう持ち家を誰かに賃貸できることが可能であれば、転勤期間中の空き家を貸し出し、家賃収入を得ることができます。その空き家を貸し出すことが今は可能なのです。そのことをリロケーションと呼ぶことをみなさんご存知でしょうか?本来の意味は移住という意味を持つのですが、不動産業界では前述した内容でリロケーションの意味を指します。

持家を持っていてかつ空き家にしてしまっている方にとっては収入面でとても魅力的な制度と言えるでしょう。しかし、このリロケーションが可能になったのも十数年前の法改正によるもので、今までは法的に持家を貸し出すことができませんでした。また、このリロケーションという制度は通常の賃貸契約とは異なり、契約期間を家主が定めることができる点に大きなメリットがあります。転勤などの方が利用するリロケーションという制度ですので、帰任するタイミングに合わせて賃貸契約の期間を設定することで空き家を無駄なく活用できるのです。