転勤が決まった際のリロケーションとは?

全国規模の企業に勤めているサラリーマンに切っても切り離すことができないことと言えば、転勤です。転勤に決まった場合、やらなくてはいけないことは山ほどありますが、その一つとして引っ越しが挙げられます。引っ越しをする際に今住んでいる住居が賃貸であれば、その住居から引っ越しをすれば良いだけのことですが、それば持家の場合、みなさんならどうされますか?ご家族がいる場合、ご家族が住むという選択肢もありますが、少なからず自分自身は引っ越しをしなくてはなりませんので、家賃やローンの支出が増えることになります。

もちろんその費用が支払えるのであればそれでも良いかもしれませんが、数年間、留守になってしまう持ち家を誰かに賃貸できることが可能であれば、転勤期間中の空き家を貸し出し、家賃収入を得ることができます。その空き家を貸し出すことが今は可能なのです。そのことをリロケーションと呼ぶことをみなさんご存知でしょうか?本来の意味は移住という意味を持つのですが、不動産業界では前述した内容でリロケーションの意味を指します。

持家を持っていてかつ空き家にしてしまっている方にとっては収入面でとても魅力的な制度と言えるでしょう。しかし、このリロケーションが可能になったのも十数年前の法改正によるもので、今までは法的に持家を貸し出すことができませんでした。また、このリロケーションという制度は通常の賃貸契約とは異なり、契約期間を家主が定めることができる点に大きなメリットがあります。転勤などの方が利用するリロケーションという制度ですので、帰任するタイミングに合わせて賃貸契約の期間を設定することで空き家を無駄なく活用できるのです。