転勤者が利用するリロケーション1

近年、転勤者で利用する人が多くなったリロケーションサービスという空き家活用法。このリロケーションサービスは2000年の定期借家契約の法改正により、貸主側が借主側に期間を限定した賃貸契約を結ぶことができるサービスです。なぜ転勤者に多いのかと言うと、賃貸ではなく、既に持ち家を購入してしまったあとに致し方なく転勤が決まってしまい、その空き家の期間中に限定して、持ち家を賃貸として貸し出すことができるからです。

今までの賃貸契約では、貸主側に特段の理由がない限り、借主側が更新契約を続ける意思があれば貸主側から退去を求められませんでしたので、転勤者は一時的に持ち家を貸し出すことができませんでした。しかし、このリロケーションサービスでは契約期間を定められますので、近年、転勤者にとって人気の賃貸サービスと言えるのです。

このリロケーションサービスを利用する人は持ち家から離れて暮らすことになりますので、借主を探すことから契約、管理まで行うことは一般的にできません。従って、リロケーションサービスを利用する方は、通常、不動産屋などの管理会社に委託することとなるでしょう。もちろん、自ら借主との契約などができる方は自分自身で管理することも可能ですが、自分自身で管理する方はごくわずかです。もし、持ち家を持っていて、転勤することになってしまったら、このリロケーションサービスを利用してみてはいかがでしょうか?