転勤者が利用するリロケーション2

リロケーションサービスを利用する転勤者にとって、リロケーションサービスのメリットやデメリットは事前に知っておきたいところ。リロケーションサービスでは、貸主側が契約期間を定めることができるというのは一番のメリットではありますが、本当に定められた期間で借主が現れるのか。というところはとても不安だと思います。

契約期間は定められますが、借主側も生活の大部分を過ごす家となりますので、あまりにも短すぎる契約期間では、借りてくれる人も見つからないでしょう。今ではマンスリーマンションなどもありますので、リロケーションサービスを利用するのであれば、最低でも半年以上の契約期間を設けることが一般的です。

また、契約期間だけではなく、家賃金額も通常の賃貸契約と異なりますので予め頭に入れておきましょう。リロケーションサービスでは、賃貸契約を貸主側が定められるメリットがあるものの、借主側とすれば契約期間が決まっている物件は若干デメリットになります。従って、同じような物件でも普通の賃貸契約である家賃金額ではなかなか借主が見つかりません。契約期間を定めるということは通常の家賃金額では少し難しいので、その家賃金額よりも2割程度安くして借主を探して下さい。家賃金額を下げることで、契約期間が定められている物件に対して、借主はその部分をデメリットとは感じず、逆にお得な物件と感じるはずですので、この家賃金額は必ず通常よりも安く設定して下さい。